色素沈着治す方法 目元 ビキニライン デリケートゾーン

肌力アップでメラニン色素を押し出す

メラニン色素

メラニン色素

従来の色素沈着を消すアプローチとは違った、肌本来が持っている肌力アップを促しならシミを消す、薬用ホワイトニングリフトケアジェルの詳細は↓

↓只今30日全額返金保証中♪↓

色素沈着を治す方法

わ!色素沈着がある…といってうんざりしたことありませんか?

 

なくならないかな?と思いませんか?

 

色素沈着を治す方法は色々ありますが、基本的には色素沈着はメラニン色素をもつ皮膚を古い角質として皮膚から排出することで改善することができます。

 

病院やクリニックの治療法は様々なものがあります。

ビタミン摂取

「ビタミンの摂取」は皮脂の分泌の抑制を促すビタミンB1、皮脂の分泌を調整して肌を健康に保つ、ビタミンB2、活性酸素の除去、コラーゲンの生成をたすけるビタミンC酸化防止、血流改善を促すビタミンEを投与していきます。

イオン導入

「イオン導入」は高濃度のビタミンCや植物性プラセンタ様エキスなどの美容成分を皮膚の角質層へに浸透させていく、電流や超音波の力を借りたスキンケアの一種をもちいた治療法です。

ケミカルピーリング

「ケミカルピーリング」は酸化アルミナの粉を肌にふきつけて古い角質を物理的に削り取る治療法です。これによって表皮の角質層を剥がして毛穴を塞ぐ角質を除去してくれたり、毛穴詰まりを解消するだけでなく、新しい皮膚の再生も促してくれます。

レーザー照射

最後に、「レーザー照射」はレーザーを照射することで小さな穴をあけて毛穴に詰まった角質や脂質、膿などを溶かしだすことで毛穴の詰まりを改善していきます。

 

ハイドロキノン

そしてこれらの治療と同時に「ハイドロキノン」や「トレチノイン」を塗ってメラニン色素を脱色し皮膚から排出していきます。
「ハイドロキノン」はメラニン色素を脱色する効果があるため、色素沈着に対して高い効果が見込める成分で、「トレチノイン」はビタミンA(レチノール)誘導体の1種で表皮や角質のターンオーバーを促進し、メラニン色素の排出を促します。
「ハイドロキノン」や「トレチノイン」はにきびに有効で、海外では市販薬として販売されていますが、日本では医者の処方が必要となっています。ですが、これらの成分が配合された化粧品は日本でも購入可能なので、にきび跡の色素沈着に悩んでいるのであれば試してみても良いかもしれません。
※ご興味のある方は下にハイドロキノンのバナを貼っていますのでクリックしてみて下さい。

自力

また自力で肌の新陳代謝を上げて角質をつくることで、色素沈着を治すやり方があります。代謝が良くないと、皮膚が乾燥したり、老廃物が体に溜まってそれがお肌に影響してしまいます。逆に言えば代謝を良くすることは、メラニン色素をなくすのによいというわけです。
簡単な例としては角質のケアピーリングが手軽に行えるピーリングせっけんで洗顔したり、毎日のお風呂ぬるめにして長い時間浸かるなどがあります。また、体の中からケアするのであれば「ハイチオール」「チョコラ」などビタミンを配合した市販薬の投与も色素沈着には効果的だといわれています。
このように普段からの心がけがしみやシワをなくすきっかけになります、あきらめずにまずは生活習慣を整えましょう!

 

ハイドロキノン配合シミ撃退クリーム 7日間トライアルセット

1,980円(送料無料)


 

色素沈着を治す方法

  1. 色素沈着とは一体何?
  2. ニキビとニキビ跡の色素沈着
  3. 色素沈着には美白化粧品が良い?
  4. アトピーの色素沈着の解消法
  5. 色素沈着とターンオーバー

 

色素沈着とは一体何?

顔や身体にできる皮膚のシミは色素沈着の総称です。

 

その原因は、

  • やけど、ニキビなどで炎症を起こした場合
  • 慢性的な炎症
  • アトピー性皮膚炎
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 加齢
  • 日焼け

などです。
上記の原因を見ると、どれもきちんと治療をしたり、ケアが必要なことばかりであることがわかります。

 

色素沈着は、肌は刺激を受けると、メラノサイトから分泌されたメラニン色素が表皮や真皮に沈着しておこして、肌を守ろうとします。
もともと、肌はターンオーバー(肌の生まれ変わり)、メラニン色素は皮膚の外側に押し出されます。
しかし、ターンオーバーが正常に行われない、紫外線を浴び続ける、衣服などカイブの刺激の擦れ、ナイロンタオルの使用などを繰り返していても、色素沈着が濃くなることもあります。

 

こうした色素沈着のスキンケアで、顔の場合、少し面倒なことがあります。
美白のための化粧品や化粧水、黒ずみを消すと書いてあるものを使うことは良いことです。
主な成分では、最も有名なビタミンC、プラセンタ、ヒアルロン酸やコラーゲンなどです。
これが入っているものを肌に付ける際にあまり顔をこすらないことを心がけてください。
手のひら全体で抑える程度にすること。
これは、スキンケアで基本で、洗顔を始め化粧水をつける時にパンパン叩く、ゴシゴシこすってしまうと、顔と指の間の摩擦が刺激になって。メラニン色素が肌を守ろうと色素沈着を起こすことになます。

 

美白成分のあるスキンケア製品をただつければ良いということではなく、付け方にも工夫しなければならないのです。

 

▲上に戻る

ニキビとニキビ跡の色素沈着

ニキビはあまり軽く考えない方が良い肌トラブルの一つです。
毛穴の炎症に、アクネ菌が入って炎症をするものですが、肌表面で治れば問題はないのですが、肌の奥までダメージが行ってしまうと、色素沈着の原因になります。

 

ニキビの後にできるニキビ跡の色素沈着はいくつか種類がありますが、シミのような茶色になってしまった場合、すぐに対処しましょう。
ニキビができた時には、軽く考えずににきび治療のため皮膚科などにいくことがベストです。
これは、アクネ菌が肌の内部にまで入り込んで炎症を起こすということは、傷そのものです。
もしアトビーの方は大変な事態になってしまいます。

 

本来そういった肌トラブルに対して、自分のターンオーバーが懸命に傷を治しに行きます。
ニキビは細胞も破壊してしまうので、その部分ターンオーバーが遅れます。
それで、色素沈着が起こる可能性が大きくなってしまいます。
過剰なメラニンが残った状態です。

 

ニキビ跡のタイプによって治療方法は違います。
肌の陥没し、クレーター状態の場合は、最初から皮膚科での治療になります。
色素沈着だけなら、長い時間のケアで少しずつ薄くなります。
奥の真皮にまで達して入る場合は、セルフケアでは太刀打ちできません。

 

ニキビ跡の色素沈着については、そう簡単なケアではうまく行かないのですが、普段の生活では色素沈着をひどくしない工夫も必要です。
美白ケアはもちろんですが、紫外線対策のUVクリーム、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどの食べ物に気をつけたり、日ごろから美肌になるケアを続けなければなりません。
そして、何より一度できたにきびはきちんと一つ一つ治すことです。
特に思春期ニキビやホルモンバランスの乱れでできてしまった場合、適当に対処してしまうことも多いですが、この時でも薬を服用したり付けることできちんとキレイに治しましょう。

 

何年も前のニキビがきちんと治っていなくて、ニキビ跡として色素沈着やシミになってしまうことはよくあることです。

 

▲上に戻る

色素沈着には美白化粧品が良い?

色素沈着でも、一番多いのが、炎症性色素沈着です。
ニキビやすり傷、かぶれ、火の皮膚に炎症が起こった後にできます。

 

肌トラブルが起きた時にメラニンが肌を修復してしまうのですが、その時に古い肌はターンオーバーによって押し出されることで、下から新しい肌ができます。
ところが、ターンオーバーがうまく行かないと、その部分にメラニンと不要な肌が取り残されてしまうため、色素沈着が起きます。
ですから、体質や生活習慣などによっては、早く色素沈着がなくなってしまう場合もありますが、いつまでもそこにとどまってしまうと反対に頑固なシミになってしまう方もいます。
ちなみに 炎症性色素沈着は、目立たない状態になるまでには、1〜3年ほどかかります。

 

色素沈着は、シミをレーザーで治療していると起こることもあります。

 

レーザー治療はお肌の内部に炎症を起こし、治療前よりも治療後に、濃い黒ずみができるということもあります。
一応一時的と言われますが、シミを消すためのレーザーなのにと思うと、腑に落ちないことです。

 

色素沈着によるシミを早くキレイにしたいなら、美白化粧品がおすすめです。
とくに、ビタミンC誘導体の含まれているものがよく、シミを発生させる原因のひとつとなるチロシナーゼを抑制する効果があります。
強い抗酸化作用や炎症を抑える働きも期待できるので、炎症が起こっている状態でも使いやすいのが特徴です。

 

そして、ピーリングは、肌の古い角質層を取り除いてくれるので、さらに効果的ですが、やりすぎは禁物です。
それは、必要な角質層まで取り除くことで、外部からの影響で色素沈着になりやすいのです。
そして、色素沈着のケアでは、日頃から紫外線対策と保湿対策も重要になってきます。

 

▲上に戻る

アトピーの色素沈着の解消法

アトピー性皮膚炎の方の肌トラブルで、ニキビやニキビ跡、黒ずんでしまった色素沈着などができた場合、また薬が増えていしまうと考えがちです。
アトピー肌で思わず掻いてた傷口や、湿疹の炎症が引いた後の色素沈着などはステロイドだけできなかなかよくなりません。
色素沈着が気になる方は、ビタミンを食べるようにしてください。
ビタミンCには色素沈着の原因であるメラニンを薄くする働きがあります。
ビタミンEは、肌の血行を良くして新陳代謝を高め、メラニンを体外に排出します。
更に、ビタミンB2やB6も併せて摂るようにしましょう。
ケアクリームや炎症を抑えるため薬などよりも体内へのアプローチをして、ターンオーバーの正常化を図りましょう。
特にアトビーの方は、肌トラブルそのものに対して気をつけなければならないのです。

 

美白成分のものを勝手に付けるのではなく、必ず皮膚科での相談は必要ですが、その際に低刺激の美白ケアなども聞いてみましょう。
一般の人が大丈夫な成分ねとっては行けない場合があったりと、いろいろと制限があります。
化粧品に関しては、ビタミンC誘導体のものが有効です。
プラセンタなども良いのですが、今の自分の肌に合うかどうかを確認してから美白ケアをするようにしましょう。

 

▲上に戻る

色素沈着とターンオーバー

今でこそ紫外線は体に悪いと言われていますが、昔は太陽下で真っ黒に日焼けをするのが決して悪いことだと意識していなかったはずです。
ところが、日焼けなどは、一時的に肌を炎症させますが、その時に肌の奥まで影響を与えます。
子供の時は、1年も経つと、白い肌になっていきますが、加齢とともにそのスピードは遅くなっていきます。

 

これは色素沈着が起こっている日焼けの状態を、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が新しい角質を排出しているスピードです。
例えば、ニキビができた時、思春期の頃は比較的すぐに治ってはずです。
それが大人ニキビになってしまうと、炎症がひどくなったり、化粧品も種類が多くなって、スキンケアを入念に行わなければならないことになります。
しかし、この時にきちんと治さなければ、いつまでもニキビ跡が残ったり、色素沈着が永遠に消えず、シミとなって残ってしまうのです。

 

それでも生きている間は、ターンオーバーは続きますから、毎日の暮らしがポイントになります。
ターンオーバーの基本は、食事と睡眠と運動です。
レーザー治療の場合は、その場でとってしまうことができますが、ハイドロキノンなどを使ったクリーム、ビタミン剤、クリームなどの治療薬の場合は、補助に過ぎす、結局は自分の力がポイントになります。

 

使用するのは美白化粧品ですが、美白成分がきちんと配合されたものを使用してください。
古い角質を取り去るピーリング化粧品もありますが、肌の状態を見て、ニキビ肌の場合や不明な点は専門家に聞いてから行う方が良いです。
市販のものではなく、クリニックなどのケミカルピーリングは、その方の肌に合わせて調合が可能なので、より効果が期待できます。

 

▲上に戻る

更新履歴