色素沈着治す方法 デリケートゾーン

色素沈着治す方法 デリケートゾーン

女性の悩みの中でも中々言えないのが、股の間のIゾーンやお尻周りのOゾーンの悩み。

 

これらの場所の色素沈着は、「遊んでいる」とか「経験豊富」などの誤解を生むため表だって打ち明けるのが難しいものです。

 

VIOライン

 

この黒ずんだ色素沈着は、着ているインナーや下着やむだ毛処理などによる肌の摩擦や食生活や生活習慣の乱れ、ホルモンバランス、そして肌のターンオーバーの乱れなどで起きます。世間で言われる性体験の数と色素沈着はほとんど関係はないと言われています。実はメラニン色素が多い人ほどデリケートゾーンが黒ずんでいることが多く、特に日本人を含む東洋人は、白人種と比較してデリケートゾーンの色素沈着が発生しやすいのですね。

 

でもデリケートゾーンの色素沈着は実際にお手入れしようとすると、特に敏感だったりお手入れの難しい部分だったりして中々難しいもの。よってレーザー治療の外科的な治し方よなどが使われています。特にハイドロキノンは、日本や米国の専門家によるとできてしまったメラニンを薄くするのには最も効果的な成分です。
また、古い角質を除去する美容品を使うのもよいでしょう。特にビキニゾーンの過敏な肌にあったピーリングジェルなら角質の取り過ぎで肌を傷めることなく、メラニン色素を排出することが出来ます。

 

また、色素沈着の原因の一つである活性酵素を抑えるためにビタミンCを投与したり皮膚に塗るのも良いかと言われています。
ちなみに他の場所でよく肌のターンオーバーを促進する成分として使われているトレチノインはこのデリケートゾーンでは使われることはありません。デリケートゾーンにある肌はとても敏感に出来ているので過度の炎症を引き起こし、かえって色素沈着を促進するので、絶対に使わないでください。

 

あとデリケートゾーンの色素沈着の大敵はインナーの下着やパンツ類。自分に合った下着のサイズや形状、そして素材に気を遣うことで、摩擦による色素沈着がしにくいようになります。もちろん締め付けや食い込みの強い下着は厳禁ですが、素材も肌に良い綿や絹、あるいは吸湿速乾加工を施したものを選ぶとよいでしょう。あと摩擦の要因として知られていないのが手入れされていないむだ毛。むだ毛を上手く処理することによって、デリケートゾーンの摩擦が少なくなります。
日々のケアである程度は解消できますが、すぐには効果が出ないのがデリケートゾーン。ゆっくりのんびりとケアしていくことが一番のケアかもしれませんね。

 

ビキニライン専用ジェル

デリケートゾーンに特化した有効成分を配合したピーチローズによりできてしまった色素沈着を消すことが最も有効です。
スキンケアは様々ありますが、身体の部位に合った成分を使うことが最も適しています。

 

 

60日間返金保証付き! 詳細は公式サイトへ↓