色素沈着治す方法 目元 ビキニライン デリケートゾーン

色素沈着治す方法 目元

鏡を見ていて、目の下が黒ずんでいる…こんな悩みを持っていませんか?

 

この目元の黒ずみ、実はメラニンという色素が沈着してしまったがために肌のいたる所がシミのようになってしまいくすんでしまっているのですよ。

 

そんな色素沈着を治す方法ってあるの…?と思う方、実はあります!

 

色素沈着の直し方

色素沈着の治し方は大きく分けて3つのステップがあります。
それは「色素沈着を薄くする」、「色素沈着を予防する」、そして「色素沈着を促進する活性酵素をなくす」。この3つのステップを繰り返して肌をケアすることによって、お肌を悩ませる色素の沈着をなくすことができるのです。

色素沈着を薄くする

まず最初に抑えておきたいのが「色素沈着を薄くする」こと。
このできてしまった色素沈着を薄くする最強の美白成分がハイドロキノン。皮膚科でも処方されている漂白型の美白成分・ハイドロキノンは、できてしまったシミなどの色素沈着を薄くすることが出来る最強の成分です。アメリカでは、ハリウッドのセレブ女性が美白状態を維持するために使われているとか。出来てしまったメラニン色素を薄くする成分としては現在ハイドロキノン以上に効果のあるものはありません。
一旦色素沈着が薄くなっても再び濃くなっては美白の意味はありません。

色素沈着を予防する

そのため次のステップ「色素沈着を予防する」が必要になってきます。再びメラニン色素を生み出さないようにメラニンの発生をおさせ予防するのがシムホワイト377。メラニンを抑える成分としては アルブチン、ヒルシルビン、コウジ酸、ルシノール、ビタミンC、プラセンタエキス、トラネキサム酸、甘草エキスなどが有りますが、シムホワイト377はコウジ酸の20倍以上の効果があると言われています。またシムホワイト377自身にもできてしまったシミを薄くする効果もあり、肌への刺激は極めて少ないために、現在世界の化粧品業界から注目されています。

色素沈着を促進する活性酸素をなくす

最後に抑えておきたいのが「色素沈着を促進する活性酵素をなくす」こと。紫外線にさらされた肌は活性酸素を生み出し、さらにメラニン色素生成を促すチロシナーゼ酵素を活発し、色素沈着がができやすくなります。その対策として一番有効なのが、ビタミンC。ビタミンC誘導体とピュアビタミンC(アスコルビン酸)の2種類がありますが、活性酸素を消去する働きに優れているのは高濃度のまま届けることのできるピュアビタミンC。高濃度のピュアビタミンCを肌に塗ることによって、ビタミンCの抗酸化作用を最大限に生かすことが出来ます。

これらの3つのステップを乗り越えることによって10年前のみずみすしい色素沈着と無縁な透明美白肌を得ることが出来るのです。くよくよと色素沈着に悩むよりはまず「色素沈着をなくす」「色素沈着を予防する」「活性酸素を出さない」を大事にするところからはじめましょう!

ハイドロキノン 最強の美白成分

 

できてしまった目元もそうですが、お顔のシミを治すに効果的な成分『ハイドロキノン』は御存知ですか?

 

皮膚科医が肝斑の治療に処方するハイドロキノンは、ハリウッドセレブが、美しい白い素肌を維持するために使ってきたことで有名になりました。できてしまったメラニンを薄くするのには最も効果的な成分であるということは、日米の専門家の共通の認識です。

 

ハイドロキノン配合シミケアは→