ニキビ跡 色素沈着 治す方法

ニキビ跡 色素沈着 治す方法記事一覧

色素沈着もシミの肌に茶色の色が付着した感じです。どちらも同じという方もいますが、わざわざ区別される方も少なくありません。一般的な分け方として、摩擦などでできるものを色素沈着自然にできるものをシミと呼びます。しかし、この区別ははっきり言ってよくわからない方もいらっしゃるでしょう。皮膚に何らかの刺激が与えられたときに、メラニン色素が肌を守ろう...
詳細を見る
皮膚は表皮、真皮、皮下組織の三層に区別できます。色素沈着は、各層に現れることがありますが、表皮に出来るのは、老人性色素斑脂漏性角化症肝班そばかすなどです。真皮に出来るのは太田母斑後天性真皮メラノーシス目の下のクマなどです。肌はターンオーバーによってメラニン色素を上部へと持ち上げ、排出して、新した肌が現れます。表皮に色素沈着が出来る場合には...
詳細を見る
一口にニキビ跡と言っても種類があります。赤みタイプ症状が落ち着いて数ヶ月は、炎症跡ですが、それ以上経過しても消えない赤みは、肌の表面が薄くなってしまい、皮膚が赤く見えている状態です。原因は、ニキビのいじりすぎや炎症が強い場合です。色素沈着タイプ少茶色っぽく見えるニキビ跡です。メラニン色素が関係していて、赤みタイプのニキビ跡を放置し、茶色の...
詳細を見る
ニキビなどでできる炎症性色素沈着は一過性のものと慢性的なものがあります。一過性の場合は、症状が一定期間で、そのあとは改善します。レーザー治療後、一時的に炎症性色素沈着が起きる場合があります。レーザー照射の影響で一時的にできるシミであり、ほとんどの場合、平均3ヶ月で自然に消えます。慢性はニキビだけではなく、アトピー性皮膚炎、ナイロンタオルで...
詳細を見る
紫色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こした際に、毛穴周辺の毛細血管が破裂で血がにじみ出た状態で、内出血してあざになっているよう名ものです。この場合は、色素沈着ではなく、色が徐々に薄くなっていく野手、あまり触れず、様子をみてください。茶色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こしたときにメラニンが多く分泌しシミになった状態です。ターンオーバーのサイク...
詳細を見る