ニキビ跡 色素沈着 色 微妙 違い

ニキビ跡の色素沈着の色は微妙に違います。

紫色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こした際に、毛穴周辺の毛細血管が破裂で血がにじみ出た状態で、内出血してあざになっているよう名ものです。
この場合は、色素沈着ではなく、色が徐々に薄くなっていく野手、あまり触れず、様子をみてください。

 

茶色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こしたときにメラニンが多く分泌しシミになった状態です。
ターンオーバーのサイクルに合わなかったため、メラニン色素だけ取り残された形です。

 

ニキビによる色素沈着が気になる場合には、美白化粧水や美白化粧品を使って美白を促すことです。
ただセルフケアでは限界があり、病院で高濃度ビタミンCやビタミンC誘導体の入った化粧品などもおすすめです。
肌のターンオーバーを促してメラニンを薄くするには保湿も大切です。
美白化粧水を使ったあとは、高い保湿ができる美容液の利用も同時に行います。

 

スキンケアの原因と言える化粧水と保湿ですが、一度できた色素沈着には長い時間がかかります。
最近ニキビなんてできていないのに、という方も数年前のニキビ跡が色素沈着としてでてきている場合もあり、そんなときの解消にも長い年月を要すると思ってください。

 

誰しもできるニキビですが、できている最中にいたずらに悪化させたりすることが、後々の色素沈着を生むことになりますので、取扱には注意です。
そして、できてしまった色素沈着にはすぐに対処しましょう。

ニキビ跡の色素沈着の色は微妙に違います。関連ページ

色素沈着とシミは同じ?違う?
色素沈着もシミの肌に茶色の色が付着した感じです。どちらも同じという方もいますが、わざわざ区別される方も少なくありません。
色素沈着の種類
肌はターンオーバーによってメラニン色素を上部へと持ち上げ、排出して、新した肌が現れます。表皮に色素沈着が出来る場合にはターンオーバーの機能が正常ではないからです。
ニキビ跡の種類と解消法
一口にニキビ跡と言っても種類があります。
ニキビの色素沈着の種類
ニキビなどでできる炎症性色素沈着は一過性のものと慢性的なものがあります。一過性の場合は、症状が一定期間で、そのあとは改善します。