ニキビ 色素沈着 種類

ニキビの色素沈着の種類

ニキビなどでできる炎症性色素沈着は一過性のものと慢性的なものがあります。
一過性の場合は、症状が一定期間で、そのあとは改善します。
レーザー治療後、一時的に炎症性色素沈着が起きる場合があります。
レーザー照射の影響で一時的にできるシミであり、ほとんどの場合、平均3ヶ月で自然に消えます。

 

慢性はニキビだけではなく、アトピー性皮膚炎、ナイロンタオルでの擦りすぎなどが原因です。
炎症を繰り返しが、色素を少しずつ沈着していくイメージで、シミが消えないのです。
こうした摩擦や刺激だけではなく、相性が悪い化粧品類なども原因の一つですが、ホルモンバランスが乱れも色素沈着を起こします

 

日焼けなどで出来る色素沈着の場合、突然見つけることも多いですが、ニキビなどは原因がそこにあるわけですから、とにかくキレイに治すことが大切です。
肌に炎症を起こしている状態の時に、触らないことと体内からのアプローチも大切です。

 

ニキビが治ってから色素沈着のことを考えるのではなく、ニキビができた時にニキビ跡を作らないようにすることも考えましょう。
美白化粧品を用意する前に、紫外線に当たらない、ターンオーバーを順調にするため、生活習慣を見直したり、食事も栄養を考えるなどの工夫をする方が大切なのです。
そして、できれば、ニキビも皮膚科で治療をした方が良く、ニキビ跡もできづらいと言われています。

ニキビの色素沈着の種類関連ページ

色素沈着とシミは同じ?違う?
色素沈着もシミの肌に茶色の色が付着した感じです。どちらも同じという方もいますが、わざわざ区別される方も少なくありません。
色素沈着の種類
肌はターンオーバーによってメラニン色素を上部へと持ち上げ、排出して、新した肌が現れます。表皮に色素沈着が出来る場合にはターンオーバーの機能が正常ではないからです。
ニキビ跡の種類と解消法
一口にニキビ跡と言っても種類があります。
ニキビ跡の色素沈着の色は微妙に違います。
紫色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こした際に、毛穴周辺の毛細血管が破裂で血がにじみ出た状態で、内出血してあざになっているよう名ものです。この場合は、色素沈着ではなく、色が徐々に薄くなっていく野手、あまり触れず、様子をみてください。