ニキビ跡 種類 解消法

ニキビ跡の種類と解消法

一口にニキビ跡と言っても種類があります。

赤みタイプ

症状が落ち着いて数ヶ月は、炎症跡ですが、それ以上経過しても消えない赤みは、肌の表面が薄くなってしまい、皮膚が赤く見えている状態です。
原因は、ニキビのいじりすぎや炎症が強い場合です。

 

色素沈着タイプ

少茶色っぽく見えるニキビ跡です。
メラニン色素が関係していて、赤みタイプのニキビ跡を放置し、茶色のニキビ跡に色素が沈着したものです。
赤いあとから色あせたと感じますが、実は肌に色素が落ち着いてしまった状態です。

 

でこぼこタイプ

クレーター、アクネスカーとも呼ばれます。
化膿したニキビで傷が皮膚の深い所にある真皮に達してしまし、真皮を破壊したことが原因です。
真皮の修復ができたところとできなかった差が、凸凹としたクレーターになります。
不衛生なものでニキビをつぶしたり、力いっぱいニキビをしぼることもクレーターの原因です。

 

このようにニキビ跡には段階があります。
赤みタイプの場合、ニキビが治ってから、肌が落ち着くと同時に美白成分のセルフケアを続けることで徐々に赤みはとれます。

 

色素沈着タイプのものは時間がかかりますが、地道にスキンケアをしていったり、皮膚科などでのハイドロキノンなどを使用することでも有効ですが、白くなるまでには長くかかります。

 

そして、クレーター状のものについては、セルフケアではどうしようもありません。
皮膚科などのレーザー治療や皮膚移植など大掛かりな治療をしなければもとには戻らないと言われています。

一口にニキビ跡と言っても種類があります。

赤みタイプ

症状が落ち着いて数ヶ月は、炎症跡ですが、それ以上経過しても消えない赤みは、肌の表面が薄くなってしまい、皮膚が赤く見えている状態です。
原因は、ニキビのいじりすぎや炎症が強い場合です。

 

色素沈着タイプ

少茶色っぽく見えるニキビ跡です。
メラニン色素が関係していて、赤みタイプのニキビ跡を放置し、茶色のニキビ跡に色素が沈着したものです。
赤いあとから色あせたと感じますが、実は肌に色素が落ち着いてしまった状態です。

 

でこぼこタイプ

クレーター、アクネスカーとも呼ばれます。
化膿したニキビで傷が皮膚の深い所にある真皮に達してしまし、真皮を破壊したことが原因です。
真皮の修復ができたところとできなかった差が、凸凹としたクレーターになります。
不衛生なものでニキビをつぶしたり、力いっぱいニキビをしぼることもクレーターの原因です。

 

このようにニキビ跡には段階があります。
赤みタイプの場合、ニキビが治ってから、肌が落ち着くと同時に美白成分のセルフケアを続けることで徐々に赤みはとれます。

 

色素沈着タイプのものは時間がかかりますが、地道にスキンケアをしていったり、皮膚科などでのハイドロキノンなどを使用することでも有効ですが、白くなるまでには長くかかります。

 

そして、クレーター状のものについては、セルフケアではどうしようもありません。
皮膚科などのレーザー治療や皮膚移植など大掛かりな治療をしなければもとには戻らないと言われています。

ニキビ跡の種類と解消法関連ページ

色素沈着とシミは同じ?違う?
色素沈着もシミの肌に茶色の色が付着した感じです。どちらも同じという方もいますが、わざわざ区別される方も少なくありません。
色素沈着の種類
肌はターンオーバーによってメラニン色素を上部へと持ち上げ、排出して、新した肌が現れます。表皮に色素沈着が出来る場合にはターンオーバーの機能が正常ではないからです。
ニキビの色素沈着の種類
ニキビなどでできる炎症性色素沈着は一過性のものと慢性的なものがあります。一過性の場合は、症状が一定期間で、そのあとは改善します。
ニキビ跡の色素沈着の色は微妙に違います。
紫色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こした際に、毛穴周辺の毛細血管が破裂で血がにじみ出た状態で、内出血してあざになっているよう名ものです。この場合は、色素沈着ではなく、色が徐々に薄くなっていく野手、あまり触れず、様子をみてください。