色素沈着 種類

色素沈着の種類

皮膚は表皮、真皮、皮下組織の三層に区別できます。
色素沈着は、各層に現れることがありますが、

 

表皮に出来るのは、

  • 老人性色素斑
  • 脂漏性角化症
  • 肝班
  • そばかす

などです。

 

真皮に出来るのは

  • 太田母斑
  • 後天性真皮メラノーシス
  • 目の下のクマ

などです。

 

肌はターンオーバーによってメラニン色素を上部へと持ち上げ、排出して、新した肌が現れます。
表皮に色素沈着が出来る場合にはターンオーバーの機能が正常ではないからです。
その大きな理由に、悪い生活習慣や日常の紫外線などがあります。

 

・老人性色素斑
加齢や紫外線が原因です。
紫外線を受け活性化したメラノサイトが、メラニン色素を過剰に生成します。
予防や悪化を防ぐためには、紫外線対策が重要となります。

 

肝斑(かんぱん)

ほほ骨や口の周囲などに出来やすいです。
30代〜50代の女性に多く見られ、左右対称に広がるような形で現れます。
原因は女性ホルモンのバランスや紫外線、ストレスや生活習慣の乱れです。

 

太田母斑(おおたぼはん)

通常のシミとは異なり、青色・紫色の色素沈着です。
打撲などで出来るあざと似ていて、広範囲で境界線がわかりにくいのが特徴です。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的にいうそばかすです。
加齢や紫外線で増えますが、遺伝的な要素もあります。
・脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
中年以降の方に多い少し盛り上がった茶色〜黒色の組織変化です。
触れると表面にざらつき、数ミリ〜数センチ、わずかに盛り上がるものやしこりになるものまで、様々です。
紫外線による皮膚細胞の異常増殖などが原因と言われているので、予防には紫外線対策が有効です。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

ニキビや怪我、火傷などでおこった皮膚の炎症が色素沈着をおこした状態です。
時間の経過と共に消えてますが、紫外線や皮膚の炎症が悪化して消えずに残ることがあります。
紫外線対策が必要です。

 

摩擦黒皮症(まさつせいこくひしょう)

黒褐色の色素沈着が起きる症状で、特に30歳代の女性に多いです。
アレルギーやナイロンタオルなどで肌に強い摩擦で起こり、痛みやかゆみはありません。
気になる方は専門医にご相談されることをおすすめします。

 

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

強い日焼けをした後に出てくる色素沈着です。
両肩から上背部、胸元などに出来、形は花びらや金平糖に似ています。
淡い褐色から黒褐色の色の濃淡があり、原則的に薄くなることはありません。
レーザー治療などによってとってしまうことがおすすめです。

 

蒙古斑(もうこはん)

蒙古斑は、母親の体内で胎児の色素細胞が表皮に向かい出ていく途中で、真皮の中に留まってできたものです。
これもメラニン色素が沈着することで出来る青アザです。
大人になっても残る場合があり、レーザー治療などで色素沈着を薄くする事が出来ます。

 

これだけの種類がある色素沈着ですが、心配なようなら皮膚科にいき、どの色素沈着なのかを確認することが必要です。
いずれも紫外線対策が効果的ですが、美白化粧品などの使用もおすすめです。

色素沈着の種類関連ページ

色素沈着とシミは同じ?違う?
色素沈着もシミの肌に茶色の色が付着した感じです。どちらも同じという方もいますが、わざわざ区別される方も少なくありません。
ニキビ跡の種類と解消法
一口にニキビ跡と言っても種類があります。
ニキビの色素沈着の種類
ニキビなどでできる炎症性色素沈着は一過性のものと慢性的なものがあります。一過性の場合は、症状が一定期間で、そのあとは改善します。
ニキビ跡の色素沈着の色は微妙に違います。
紫色の色素沈着は、ニキビが炎症を起こした際に、毛穴周辺の毛細血管が破裂で血がにじみ出た状態で、内出血してあざになっているよう名ものです。この場合は、色素沈着ではなく、色が徐々に薄くなっていく野手、あまり触れず、様子をみてください。