色素沈着とは

シミ

ある日突然しみを発見してしまったらショックですよね。まさか自分に・・・と思いつつ、しみケアを甘くみていたことを、いまさらながら感じてしまうのではないでしょうか。
日差し、つまり紫外線を必要以上に浴びれば、しみは確実に生じます。

 

肌は紫外線の刺激を受けると、皮膚の下のメラノサイトというところで作られるメラニンが細胞の中に次々と送り込まれます。
ここで肌の新陳代謝により、通常はメラニンが垢としてはがれ落ちて行くのですが、このメラニンの作られる量と垢として体外に排出される量とのバランスが崩れると、メラニンが皮膚に残されて蓄積してしまい、それがしみの原因となるのです。

 

色素沈着はアイメイクなどの化粧の色素が肌に染み込むことと思われているかもしれませんが、しみは本来肌の内側から出来るもので、化粧品そのものの影響というよりは、むしろブラシや粒子によって肌が刺激され肌の内側でメラニンが作られることで、しみが生じるのです。

 

また、しみの予備軍とは、しみをつくり易い肌状態のことといえます。
ただし、しみを発見したらといってネガティブになることは全くありません。
しみ予備軍の存在を知る事で、日々のしみケア生活を振り返り、その後の対策のきっかけにすることが大切です。

 

色素沈着とは

 

色素沈着とは、しみや黒ずみを含む、肌の色が変わる現象のことを言います。簡単に言うと、「メラニン色素が皮膚の真皮内に蓄積している状態」のことをさします。通常だと肌のターンオーバーを繰り返すことで、メラニン色素が角質となって剥がれて消えていくのですが、ケアを怠っているとこの色素が皮膚内に残ることもあります。

 

このメラニン色素が蓄積することで、多くはニキビ跡や、脇の下・ひじ・ひざなど摩擦の多い部分の黒ずみ、目の下のくまなど皮膚のある一部分が黒ずんでいきます。

 

色素沈着の原因

色素沈着の原因として、普段から紫外線の浴びすぎやや摩擦による皮膚の刺激、ニキビを潰すなどの肌を傷つける行為、あるいは疲れや寝不足などがあげられます。これらによってメラニン色素が活性化され、それが増えて蓄積されることによっても起こり、ついには色素沈着に繋がります。また年齢を重ねることによって肌のターンオーバーが衰え新陳代謝が衰えてしまうことで、皮膚にメラニン色素が溜まることもあります。そして長期間皮膚にメラニン色素が溜まることで色素沈着が起こり、様々な肌のトラブルに繋がっていきます。

 

まずは色素沈着の理由を知り、その原因に合った改善方法を行うことで沈着を防ぎ、改善することが出来るので、それぞれの色素沈着に適した予防、解決方法をたてていくとよいでしょう。