色素沈着を治す方法 ワキ

色素沈着を治す方法 ワキ

日頃からケアが必要なのが、脇。でも、普段からケアをしているのにいつの間にか色素が沈着していて黒ずんでいる…そんなことありませんか?

色素沈着の原因

どうして色素沈着してしまうんでしょうか?それにはいくつかの原因があります。

自己流の無駄毛処理

第一に度重なる自己流によるむだ毛の処理が肌にダメージを与えてしまうこと。カミソリや毛抜き、あるいは刺激の強い除毛クリーム…本来キレイになるためのお手入れがお肌にとって刺激になってしまい、このダメージで痛んだ肌を守るためにメラニン色素を活性化させてしまい、沈着してしまうのです。また同時に肌のダメージは肌のターンオーバーも乱してしまい角質層を厚くしていまいます。

制汗剤

第二に制汗剤。脇のニオイを抑えるために手軽に使われている制汗剤は、実は肌に負担を与える重金属の成分で出来ています。そのため、頻繁に使うと肌にダメージを起こし、色素沈着の原因になってしまいます。

肌への刺激

最後に下着やパンツなどによる摩擦。これらの摩擦で肌にダメージが起こり、ターンオーバーの乱れや角質が厚くなったりして、メラニン色素が蓄積しやすい環境になってしまいます。
つまり色素沈着は肌の再生力がなくなることから起こるのです。

治す方法

ではどうしたらこれらの色素沈着がなくなるのか?それは肌のもつ力を上げること

 

そのためには「潤い成分で肌の力を上げる」「超高濃度の美白成分でメラニン色素を薄くする」こと。
肌の本来持っている力を底上げすることによって、肌のターンオーバーや角質除去の新陳代謝を促し、メラニン色素ができにくい・たまりにくい体質にしていくことが一番になってきます。

潤い成分

まず第一に「潤い成分で肌の力を上げる」こと。ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなど潤い成分をたっぷりと与えることで肌のバリア機能をアップさせ、肌に理想的なターンオーバーが機能するようにしていきます。さらに潤い成分は、肌の力を低下させる乾燥から肌を守る効果も期待されます。

 

美白成分でメラニン色素

第二に「超高濃度の美白成分でメラニン色素を薄くする」こと。プラセンタ。ビタミンC・グリチルリチン酸ジカリウム・米ぬかエキスなどの美白成分によって肌本来の働きを整えて、色素沈着の原因メラニン色素を分解し、さらに色素沈着が出来にくい環境にして、脇の肌の状態を理想の状態にしていくです。

 

もちろん色素沈着を誘導する雑菌の原因になるニオイも天然のビタミンEでシャットアウト。このビタミンEは抗酸化作用があるのでメラニン色素の沈着を許しません。
これらの肌の環境を整えることによって、脇の気になる色素沈着も気にならなくなるのです。