色素沈着の予防

色素沈着の予防

皮膚の色素沈着は普段からの心がけで予防することが出来ます。

 

一番大事なのは、顔や皮膚など強く擦らないことです。私たちは毎日のスキンケアの中で意外と皮膚を擦っています。そのため、本来もっている皮膚のバリアが破壊されてしまい炎症性の色素沈着ができやすくなります。

 

強く擦ってしまうスキンケアのやり方を避け、強く擦らないで済むように見直しをすることが必要です。また相性の悪い化粧品類の使用し続けることで、肌が荒れてしまい炎症を起こした結果、色素沈着になる場合がありますので、肌に合わなかったらすぐに使用しないことが大事です。

 

また普段から紫外線に気を付けることも大事です。日差しの強い時期だけではなく、通年UVケアをするのが理想といえます。曇っている日もメラニン色素を刺激するUVA、UVBは、地上に届いています。UVBは肌の表皮を赤くし、UVAは肌の奥まで届きコラーゲンを変質させしみやしわが生まれる原因を作り出しています。曇りの日でも50〜60%、雨の日さえ30%(晴れ日基準として)の紫外線が飛んでいるので天気が悪くても油断は禁物です。

 

また普段からの皮膚の保湿と栄養補給もするといいでしょう。肌が乾燥していると、肌が傷つきやすくなってしまうため色素沈着が起きやすくなります。
保湿効果の高い化粧水で保湿して、肌をつねに潤った状態にしておくことがおすすめです。またビタミンCは色素沈着を予防するのに大きな効果がありますので、ビタミンC入りの美容液を使うのも良いと思われます。